人気ブログランキング | 話題のタグを見る
生涯現役
漢方の経験を重ねて、人々のお役に立つことを、いつまでも続けられることは、とても素晴らしい。
by kinnpoudou
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29
漢方の金方堂 リンク
カテゴリ
全体
漢方
健康
養生訓に学ぶ
その他一般
オススメします
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
冷え症 その1
「冷えは病気を作る名人」などとも言われていますが、冷え症または冷え性は
男性よりも女性に多く、たくさんの方が悩んでおられます。夏でも冷える、手足
が冷える、腰が冷える、お腹が冷えるなどとにかく寒さに弱いのです。
寒いのに薄着をしたり、冷たいものを飲んだり食べたりすることが多くなると、
体温調節機能が狂ってしまい、だんだん冷え症になってしまいます。

冷えの原因は、主に「気」の不足と「血」が不足あるいは停滞することが問題なの
です。気のエネルギーが血液を温め、気が血を循環させて、身体の温水暖房を
行います。
従って「氣血」が不足したり停滞すると身体が温まらず、冷えてしまうので、氣血
をしっかり増やし血流を良くするのが冷え症改善の基本となります。

女性には「月経」があり、いつも血液を消耗しているので、血液不足の血虚状態
になる方が多いのです。
漢方(中医学)の冷え症対策は、その血虚状態と氣血の巡りを改善することです。
地黄・当帰・勺薬などが配合された婦宝当帰膠で氣血を補い、丹参・川芎・紅花
などが配合された還元顆粒で氣血の巡りを良くして冷え性の改善を行います。

しかし、冷え性の期間が長くなっている方の場合は、瘀血がひどくなっていたり、
消化器が弱かったり、身体を温める基礎の腎が弱っていることもあります。
そのような時は、またそれぞれの症状に合った処方が必要になりますので、
出来るだけ早く治療を始めるほうが安心です。
by kinnpoudou | 2011-01-07 18:42 | 漢方
<< 冷え症  その2 謹賀新年 >>