人気ブログランキング | 話題のタグを見る
生涯現役
漢方の経験を重ねて、人々のお役に立つことを、いつまでも続けられることは、とても素晴らしい。
by kinnpoudou
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29
漢方の金方堂 リンク
カテゴリ
全体
漢方
健康
養生訓に学ぶ
その他一般
オススメします
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
冷え症  その4
 ⑥、入浴について
シャワーよりも湯船につかる入浴のほうが効果がある。
そして一番のおすすめは「半身浴」です。
「半身浴」は体温を上げすぎないので身体に負担がかかりません。
  半身浴の入り方
ⅰ、お湯の温度は、38~40度の少しぬるいと感じる程度が適当
ⅱ、入浴時間は15分以上~30分以内。
ⅲ、おへそから胸の高さまでお湯を張り、肩までつからないこと。
ⅳ、香りをプラス。香りには気持ちを落ち着かせ、体調を整える働きがあります。
ラベンダーなどの香料やみかんの皮などを使ってもいいでしょう。  
ⅴ、身体を温める効果のある入浴剤はいろいろありますが、ぜひオススメしたい
ものが別府温泉のお湯からつくられた入浴剤で、温泉水を噴霧乾燥し、温泉の
成分を保ったまま粉末化したものです。 私もお客様も永年使っていますが、風
呂釜を傷めるなどの問題は一度もおきていません。(マグマオンセン別府海地獄)。

  「足湯」
お風呂に入るのが面倒な時などは、バケツに程よい温度のお湯を入れて、両足
をつければいいのです。大きいビニール袋で、バケツごと足を包むとお湯がさめ
にくいようです。お湯が冷めてきたら熱いお湯を少しずつたしてゆきます。(30分以上)
 
  「岩盤浴」
 お湯を使わないお風呂で、天然の鉱石を45度~50度に温め、その上にバスタオル
などを敷いて横たわり、時間を掛けて汗をタップリかきます。
遠赤外線効果で身体が芯から温まります。

  「潤わざれば、すなわち痛む」
 痛みを起こす原因のうち、体内の原因のことを言っています。血液不足・気のエネル
ギー不足・老化してホルモン系が弱いなどのことです。これ等が不足すると骨・関節・
筋肉などの組織に栄養が行き渡らず、痛みを起こすというものです。
冷え症においても気・血・ホルモンの不足が最大の原因ですからその補給を充分に
おこなう必要があります。
 婦宝当帰膠・参茸補血丸などを最初におすすめいたします。
冷え症  その4_e0017093_13222639.jpg

春はすぐそこ
by kinnpoudou | 2011-01-13 18:30 | 漢方
<< 花粉症 冷え症  その3 >>