人気ブログランキング | 話題のタグを見る
生涯現役
漢方の経験を重ねて、人々のお役に立つことを、いつまでも続けられることは、とても素晴らしい。
by kinnpoudou
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29
漢方の金方堂 リンク
カテゴリ
全体
漢方
健康
養生訓に学ぶ
その他一般
オススメします
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
養生訓に学ぶ 11
  胃の気を養う

 胃の気とは元気の別名なり。沖和の気也。
病甚だしくしても、胃の気ある人は生く。胃の気なきは死す。
胃の気の脈とは、長からず、短からず、遅ならず、数ならず、大ならず、
小ならず、年に応ずる事、中和にしてうるわし。此脉、名づけて言いがたし。
ひとり、心に得べし。
元気衰えざる無病の人の脉かくの如し。是古人の説なり。
養生の人、つねに此脉あらんことをねがふべし。
養生なく気へりたる人は、わかくしても此脉乏し。是病人なり。
病脉のみ有て、胃の気の脉なき人は死す。
又、目に精神ある人は寿し(いのちながし)。精神なき人は夭し(いのちみじかし)。
病人をみるにも此術を用ゆべし。

「黄帝内経素問 経脉別論篇 第二十一」に胃の気について出てきます。

胃は食物を受け入れて消化し、滋養と精気を全身に行き渡らせて健康を保ちます。
その精気の流れが平衡を保っていることが大切で、平衡であるかそうでないかの
確認をするには、気口部位の脈象で診ます。
その結果疾病の死生を判断することが出来るのです。

気口部位(寸口部位とも云う)は左右前腕の橈骨動脉の拍動部で、寸・関・尺の三部に
分けて触診し、五臓六腑の平衡や病変を診察します。
現代医学のように、詳しく検査をして診断をすることが出来なかった昔は、医師が自分の
目で見る・臭いを嗅ぐ・話を聞く・触診の四診しかありませんでした。
その結果漢方では舌診や脈診が特に発展したのです。
養生訓に学ぶ 11_e0017093_1921135.jpg

by kinnpoudou | 2011-11-23 19:26 | 養生訓に学ぶ
<< 養生訓に学ぶ 12 養生訓に学ぶ 10 >>