人気ブログランキング |
生涯現役
漢方の経験を重ねて、人々のお役に立つことを、いつまでも続けられることは、とても素晴らしい。
by kinnpoudou
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
漢方の金方堂 リンク
カテゴリ
全体
漢方
健康
養生訓に学ぶ
その他一般
オススメします
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
認知症対策で道交法改正される

75才以上のドライバーを対象に認知症対策を強化した

道路交通法が312日より施行されました。

3年ごとの免許更新時と、信号無視や逆走など18の違反

行為があったとき認知機能検査が行われて、認知症の疑い

があれば医師の診断が義務化される。

医師の診断により認知症と診断されれば、免許取り消しや

停止になる。

世界一位とか二位とかの長生きが出来るようになりまし

たが、問題はこの「認知症」ですね。今のところ認知症

になってしまうと、回復することはまず不可能のようです。

どうにかして現状維持が出来れば良いといったところで

しょうか。そうすると、今のところは予防を心掛けること

が一番の治療ではないかと思います。

まず、第一番は健康であることです。   

食事は旬のものをバランス良く食べること。

運動、良く歩き、身の回りの事は人任せにせず自分で。

早寝早起き、10時~2時は免疫と体力を回復する時間。

物忘れや集中力が低下してきたなどの時は、気血不足です。

ストレスが多いと感じられる時は、肝鬱で健忘症も。

更年期(男女共)以降は腎虚の人が多くなり、身体の老化

による症状が沢山出てきます。

中医学では、「脳」は腎精と云う生命エネルギーによって

その機能が維持されていると考えます。そのため老化で

腎虚になると、腎精不足で脳の機能低下になります。

それは健忘症・頻尿・聴力低下・腰痛・認知症へとつなが

るので、体調に合った補腎薬を使い養生しましょう。

e0017093_18254239.jpg



by kinnpoudou | 2017-03-28 18:27 | 漢方
<< 花見の想い出 大寒は春遠からじ >>