人気ブログランキング |
生涯現役
漢方の経験を重ねて、人々のお役に立つことを、いつまでも続けられることは、とても素晴らしい。
by kinnpoudou
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
漢方の金方堂 リンク
カテゴリ
全体
漢方
健康
養生訓に学ぶ
その他一般
オススメします
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
吉報到着

昨日の夕方、国際中医師試験の合格証書がとどいた。
歳末の忙しさで、つい忘れかけていたのと、合格発表は
来年になる予定とのことでしたから、少しびっくりした。
一寸遅れてクリスマスプレゼントをもらった様な感じかな。

10月初旬に試験があって、もう2ヶ月以上になる。
時の流れははやくて、今年も後2日を残すのみとなった。
誰もみんな忙しい、体に気をつけて
             良い新年をお迎えください。  
by kinnpoudou | 2005-12-29 15:13 | 漢方
癌の遺伝子検査の結果


  一ヶ月ほど前、P53癌抑制遺伝子抗体検査を受けてきたことを書き
ました。
その結果がようやく到着して、ドキドキしながら封をきったのです。
少しは自信があるとはいえ、やはり気になっていたから。
    結果は
    P53自己抗体は陰性(-)で
    P53自己抗体濃度は0.4未満u/mlでした。
 判定は0.85u/ml未満が陰性(-)
     0.85u/ml以上が陽性(+)です。
とりあえず陰性とゆうことでまずは一安心。

  P53遺伝子はDNAの障害に対してアポトーシスを誘導し、細胞を
消滅させる重要な自殺遺伝子のひとつと考えられている。
  P53遺伝子の変異は人間のほとんどの癌に共通してみられ、これ
までの癌研究の中心的課題のひとつとされている。
 
 いまはまだ一般的ではない癌の遺伝子検査ではあるが、近い将来
普及することになれば、癌の治療もずいぶん変わることになるのかな
とおもいました。
by kinnpoudou | 2005-12-11 20:08 | 健康
鳥インフルエンザとタミフル

ところで、参考になると思われるのが、忘れもしない一昨年の春の
SARS騒動である。
新型肺炎(SARS)は、日本には上陸させずにストップしたが、中国
では流行を収められず大問題となったが、西洋医学と漢方薬を組み
あわせて予防と治療を行い、成果を挙げ収束させることができたとの
ことである。

  平成15年5月10日の百歳元気新聞に中医師陳志清先生の
「緊急SARS対策」と言う記事があり、そこにSARS予防10か条と
言うのが出ているので、転載させていただくこととする。

         SARS予防10カ条
      *避邪の部(感染源を避ける)*
    1、感染地域に行かない。
    2、人混みの場所になるべく長時間滞在しない。
    3、外出の時、マスクをかける。
    4、帰宅後はすぐ手を洗い、うがいをする。
    5、清熱解毒作用のある板藍根、白花蛇舌草などを服用する。

      *扶正の部(免疫力を保つ)
    6、栄養のバランスよく、1日3食きちんと食べる。
    7、室内の風通しを良くし、新鮮な空気を吸い取る。
    8、夜更かしや過労をせず、睡眠時間を十分とる。
    9、リラックスした精神状態を保つ。
   10、免疫力を高める玉屏風散のような処方を服用する。
  
  ここに出てくる漢方薬の板藍根と白花蛇舌草は病原体を抑制する
作用がある。玉屏風散は衛気(えき=防衛する気)を強くします。
衛気は体表部をめぐり回り、外邪から体を守るよろいとなってバリアを
構築します。(玉屏風散は衛益顆粒と言う商品名で販売しています。)
これらの漢方は風邪の予防はもちろんインフルエンザや花粉症にまで
使い、とてもよい結果をだしています。        
by kinnpoudou | 2005-12-04 13:47 | 健康
鳥インフルエンザとタミフル

万全の予防体制を作ることが難しく、治療薬にしても副作用の多
 い「タミフル」ぐらいしかないとしたら、個人輸入をしたくなるのもわ
 からなくはないのだが、ここは一寸落ち着いて考えてみよう。

 ある説によると、何十年もむかしに流行した事を例に引き何十万人
 もの死者がでるなどと煽るのは言い過ぎで、警告の意味で大げさ
 に言っているのだそうです。まして医学が進歩し衛生面が改善して
 いる現代では、そんなに死亡者が出るとは考えにくいとしている。

 だからと言って大喜びをしてはいけない、新型インフルエンザウイ
 ルスが絶対に発生しないとはいえないからである。
 大事なことはウイルスに負けない丈夫な体を作ること、そして免疫
 力を高めておくことがとても大切である。
 
   免疫力アップのために
 その1  バランスのよい食事をとり、胃腸の調子を整えること。
     特に腸管免疫が高まるようにする。
     (便秘や下痢をしないようにする。ヨーグルトなど有益菌を
      食べる。ビフィズス菌、フェカリス菌、ラクトフェリンなどの
      入っているイミュナップは特によい。)
 その2 適度な運動をする。ヨーガや気功などは最適。
 その3 仕事と休養のバランスをとること。
 その4 過度のストレスを避けること。
                      などを提案する。では又次回     
by kinnpoudou | 2005-12-01 22:14 | 健康