人気ブログランキング |
生涯現役
漢方の経験を重ねて、人々のお役に立つことを、いつまでも続けられることは、とても素晴らしい。
by kinnpoudou
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
漢方の金方堂 リンク
カテゴリ
全体
漢方
健康
養生訓に学ぶ
その他一般
オススメします
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
あきらめないで

日本と連絡を取り合うために、プリペイドのケータイを買った。病院に泊り込んで看病するので
ケータイは必需品である。
プリペイドのカード代は240元(日本円で約900円)、30分ぐらい話せる。
  さて、大量の吐血があってから3日後、目をすこし開くようになった。
大小便も順調に出ている。
看護婦さんがたんを吸引してくださるときに、痰の中に点々と黒いお血塊が出てくるので、彼女は
自分が失敗して肺を傷つけたための出血ではないことを一生懸命説明するのが、たいへん申し訳
なかったそうです。
漢方薬をのませていることは、言えなかったわけですから。

  さらに一週間ほどして、目ははっきりと開くようになり、多少見えているようでした。
手をマッサージしていると、自分で動かそうとしているようにかんじられ、そしてついに右手が動く
ようになりました。 左手は全くだめでした。
日を追うごとに右手は動きがよくなり、徐々に力もはいるようになりました。

  声のした方を顔をうごかし目で追うようになりました。
左手をマッサージするといやがるのは、なぜなのかわかりません。
三週間後、おなかがすいたら手をあげてねと言ったら、ぱっと手をあげるようになりました。
家に帰りたいですかと聞いたらぱっと手をあげました。

  先生と相談して2月8日退院しました。ちょうど1ヶ月間入院していたことになります。
by kinnpoudou | 2006-03-24 20:12 | 健康
あきらめないで
82歳になった妻の母が右足骨折で入院、手術後に脳梗塞
となり、意識不明の状態がつづき、治癒の見込みがないことを
告げられました。
1月17日妻が台湾の病院に到着。
紅参をたくさん熱湯にいれて浸出したものを、鼻からの管を通
してゆっくりと大量にのませました。
これは病院に内緒でのませるため煎じることができないので、
こんな方法をとりました。

  手術による出血で、もともと高齢で不足していた「気」が亡脱した
こと(気隋血脱証)が原因で、気虚となり、血液を運行させることがで
きなくなり、お血を生じたと考えました。
  治療法は補気行血・活血化お法を行うことにした。
  処方  紅参・補陽還五湯・冠元顆粒を飲ませた。

その翌日大量に排便したので、漢方薬が効きだしたと思ったそうです。
  日本から送ったミミズ製品(ルンブルクスルベルス)が3日後に着
いたので、上の処方にプラスして飲ませた。
全身の血がドロドロで、ちょっとやそっとでは流れないと思い、動物性
の活血製品を加えることにしたのです。

  又その翌日、大量の黒い血(お血)を口と鼻から噴出すようにだしました。
その吐血があまりにも激しく多かったので、ああこれで終わりかなと思った
そうです。 しばらくして落ち着いてからよく見ると肌に生気がもどってきて
いるのに気がついて、これでとりあえず助かることを確信したそうです。

  あきらめないで本当によかったと思った!!!!
by kinnpoudou | 2006-03-19 19:44 | 健康
花粉がとんでくる

今朝出がけに見た梅の花がとってもきれいだったので
一枚写しました。
青空に白い雲がぐんぐん流されていくようすや、風の冷たさ
など伝えきれないのですが、とてもけなげに咲いていました。
 強い風の中にしばらく立っていたら、目がチカチカして
涙がでてきました。
やはり花粉は相当とんでいるようですね。
e0017093_19473428.jpg

by kinnpoudou | 2006-03-14 19:48
花粉症の治療
花粉症の方が目立つようになりました。
中医学では、花粉症は人体が本来持っている免疫力や抵抗力の
システムの中で、体表部(皮膚・粘膜)を巡回しながら守っている
生体エネルギー「衛気」が不足して、免疫調節能力の低下になり
症状を起こすとかんがえています。

 したがって予防と治療にあたっては、「衛気」不足を補うことが中心
になります。
 さて、そこで『衛気不足」かどうか自己チェックしてみよう。

  □前にくらべてとても寒がりになってきた。
  □厚着をしていないのに、よく汗をかくようになった。
  □体温がもともと低いほうだ。
  □冷房が苦手で、冷え性気味。
  □年じゅう風邪をひく。
  □のどが弱くて、炎症をおこしやすい。
  □鼻が年中ぐずぐずしている。

 いかがですか、おもいあたる項目がありましたか?
ひとつでもチェックがついたら、『衛気』不足がうたがわれますので、
「衛益顆粒」を服用して「衛気」強化の対策をとりましょう。

  実際の治療にあたっては、冷えがつよくて鼻水がとまらない、
炎症が強くて目のかゆみがつらい、鼻づまりがひどくて呼吸が苦し
いなど人によりいろいろ違った症状があります。   
そのため、「衛益顆粒」を中心にそれぞれに合った処方を組み合
わせて、効果をあげるようにします。
by kinnpoudou | 2006-03-04 19:40 | 漢方