人気ブログランキング |
生涯現役
漢方の経験を重ねて、人々のお役に立つことを、いつまでも続けられることは、とても素晴らしい。
by kinnpoudou
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
漢方の金方堂 リンク
カテゴリ
全体
漢方
健康
養生訓に学ぶ
その他一般
オススメします
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧
癌と漢方(中医学)  ⑤

 中医学による癌の治療は「弁証論治」という治療法則に基づいて、患者の
体質や症状全般に配慮して治療を行います。
深山幽谷にある特別に貴重な植物で、どんな癌でも必ず治ります。等と言って
症状や体質によることもなく、高額なものを売りつけるようなことは、漢方治療と
は全く別物と言わなければなりません。

 中医学による癌治療の対象は、がん細胞自体だけでなく、癌にかかっている
患者全体であるということです。 身長、体重、職業、結婚、子供、病院に於ける
治療経過、腫瘍サイズ、現在の症状、その他いろいろ詳しくお聞きして治療の
方針と処方を選び、ご提案します。ご相談の結果、良くご納得いただいてから
必要なものをお買い上げいただくことになります。

 中医学による癌治療では、次の五つの面を重視します。
   1、QOL(生活の質)の向上
   2、生存期間と生存率を高める
   3、腫瘍のサイズの変化
   4、再発、転移を防ぐ
   5、治療による副作用を防ぐ

 手術、放射線、抗がん剤の三大療法は、効果がたかいにもかかわらず、全身
の抵抗力(免疫力)や生活の質を低下させたり、生存期間を延長できないことも
あります。漢方は、癌の毒や三大療法による治療の副作用などでうけた心身の
ダメージを軽減し、治療効果を向上させることを治療の目的とします。

“漢方の金方堂”のホームページはこちら

e0017093_19351796.jpg

    京都 銀閣寺の庭
by kinnpoudou | 2006-09-26 19:39 | 漢方
京都へ行ってきました
17、18連休に京都へ行きました。
日本中医薬研究会の全国大会が行われ、700名ほどが全国から
集まりました。丁度台風13号が北上をはじめ、沖縄地方はその為
飛行機が欠航となって、ざんねんながら参加できない先生がたが
おられたようです。

 中国から中国中医研究院西苑医院教授の陳老師がわざわざ
おいでくださり、「微小循環とオ血」の演題でオ血の改善の大切
さと、冠心Ⅱ号方(冠元顆粒のもとになった処方)完成までの、
ご苦労なされたことをお聞きしました。

 地元京都のわらじ医者として有名な、早川一光先生のお話は
とってもユニークで楽しいなかに、人間として、医療人としてとても
大事な心をお話してくださいました。

 行いがよかったのか、翌日は台風がそれて快晴となりました。
駅のコインロッカーに荷物を置いてから、清水寺へいきましたが
たくさんの人でいっぱいでした。おいしいと聞いていたお豆腐の
店も待ち時間が長すぎるのでパス。
哲学の道と銀閣寺へと向かい、途中にあるおいしいおそばやさん
も長い行列なのでパス、どうしても豆腐料理がたべたくて銀閣寺
そばのお店で冷や豆腐をたべました。
e0017093_21155361.jpg
漢方の金方堂のHPはこちら senkin.biz
by kinnpoudou | 2006-09-21 21:23 | その他一般
癌と漢方(中医学)  ④
みんなが癌になるのではない。正気が大切なのだ!  
誰でもみんな自分の身体の中で、自分では知らずに毎日数個のがん細胞をつく
っているのだそうです。仮に1日5個として、1ヶ月150個、1年では1800個
などと計算できます。そしてがん細胞はおとなしくジッとしていてくれません。
分裂し増殖しますから、若し成長を止めたり排除することをなにもしなければ、
瞬く間にからだじゅうが癌だらけになってしまいます。

 しかし、そんなことにならないように、ちゃんと私たちを守ってくれる防御機構
の免疫システムが、24時間フルタイムで休まず働いてくれているのです。
免疫力=抵抗力=正気が充実していれば、人体に有害な邪気は入り込むこと
ができず、癌が発生、発展することもできません。

 正気とは中医学用語で、人体が正常な生理活動を行う能力のことです。
病気と闘う抵抗力も、正気の重要な部分です。正気が充実していると、各臓器
の生理活動は正常に維持されるので、病気にかかりにくいのです。

 ところが、加齢(がんの発生原因の第一位)、飲食の不摂生、悪い生活習慣、
身体や精神の過度の消耗、病気による損傷などによって、正気不足の状態に
なると、病気になります。その状態が長期になると、病状はさらに悪化して、癌
が発生することにもなるのです。
 
 がんにならないためには、正気不足(免疫力低下)にならないことです。!!!
e0017093_191201.jpg
漢方の金方堂のHPはこちら senkin.biz
by kinnpoudou | 2006-09-16 19:02 | 漢方
癌と漢方(中医学)③
なぜ癌になるのでしょうか?
がんの発生原因はとても複雑で、けっして一つの原因からという
ことはありえないと言われています。
正常な細胞がさまざまな「発癌因子」の影響をうけて、遺伝子に
異変がおきると、細胞が無秩序に異常増殖をくりかえして腫瘍に
なります。

「発癌因子」
 *化学的な因子=たばこ、アルコール、薬物、かび・菌などの
            植物生成物。
 *生理老化因子=、加齢、栄養不足、睡眠不足、重い病気。
 *心理的な因子=ストレス、ゆううつなど。
 *物理的な因子=刺激、熱、紫外線や電磁波、ダイオキシン
            などの環境汚染。
 *感染性の因子=ウイルス、ピロリ菌など。
 *ホルモン因子=エストロゲン、アンドロゲンなど。

  身体を構成する約60兆個もの細胞の中の、ひとつの細胞の
遺伝子に、発癌物質や放射線、ウイルス、ストレスや過労などに
より異常が発生して細胞分裂が狂います。
そしてこれが癌のはじまりです。
 細胞が1回分裂するのに約半年ほどかかります。その間に免疫
の力で排除しないと次々に分裂をくりかえし、ゆっくりと確実に増殖
していき、癌(悪性腫瘍)に成長します。

 正常なひとつの細胞の遺伝子に傷がつき、この細胞が検診で見
つけられ、早期がん(直径1cm)といわれる状態になるまで10~
20年かかります。   
e0017093_20363761.jpg
漢方の金方堂のHPはこちら senkin.biz
by kinnpoudou | 2006-09-12 20:39 | 漢方
酢 飲みすぎに注意!
このごろ又流行っているものに、酢を飲むことが行われている。
もろみ酢や黒酢などで、ダイエットやメタボリックシンドロームの内臓脂肪を
減らす効果があるなどとTVや雑誌などに宣伝されて、流行っているようだ。

 酢はアミノ酸やクエン酸が豊富なのでとても身体によいのですが、時どき
のみ過ぎて体調をくずしておられる方を見かけることがあります。
のみ始めた最初のころは調子が良くなるので、さらに効果をあげようとして
量をふやしてのむようになります。

  漢方(中医学)には陰陽五行説という理論があり、中医学の考え方の基本
となっています。食べ物や薬草を五行学説で、五味(酸、苦、甘、辛、塩辛い)
に分けて利用します。
 酢は、五味では酸に配当されます。酸の働きの中に、「収斂作用」 があり、
それは汗、尿、便などを必要以上に排泄させない作用です。

  五行説では、酸、苦、甘、辛、塩辛いの五味がバランスよく配合されること
が大切であると言っています。 若し効果を早く出したいために,特定の或る
味だけを大量に摂取したら、当然バランスがくずれます。
酸味は収斂作用により、排泄が抑制されますから、とりすぎたときは体内に
不要なものが残り、やせるどころかむくんでくる人もおられるのです。

  知り合いの奥様は数年にわたり、酢が好きであったこともあり、くろ酢を
毎月三本健康のためにのんでいましたが、ことしの春ごろから咳がとまらなく
なり、8月になり漢方をのみ始めたのですが改善しないまま入院されました。
お見舞いにお伺いして、くろ酢をいっぱいお飲みになっておられたことを知り
そのことに気がつかなかったことを、とても残念に思いました。入院してすぐ
排尿促進剤でたっぷり排尿したら、8キロ体重が減ったそうです。
 もちろん咳もとまりました。

  酢は身体にいいものですが、飲めばのむほどいいわけではありません。
  バランスが大切です。

  “漢方の金方堂”のホームページはこちら

    
e0017093_1945394.jpg

外の生垣に大きな虫が、食事にきていました。
by kinnpoudou | 2006-09-05 19:06
秋の実り
朝、外を見ると栗の木の下にいがぐりが落ちている。
今日は時間が早いのか、めずらしくまだ誰も拾っていないようだ。
さっそく割りばしとビニールの袋を片手に降りていって、やぶ蚊に
刺されながらいがぐりを集めた。
おとなりのお孫さんがめずらしそうに見ていたので、収穫の半分を
おすそ分けした。

 実は小粒で、むかし田舎で見た山の栗と同じような感じだ。
小さな実を十粒ほど、小さななべに入れて煮る.
 しばらくして食べることにしたが、小さいので皮をむくことがうまく
できない。妻に馬鹿にされながら、やっと食べることができた。
これがなんとも美味い、小さな実からは想像もできなかったうまみ
と甘さがありました。
e0017093_15401511.jpg
漢方の金方堂のHPはこちら senkin.biz
by kinnpoudou | 2006-09-02 15:41 | その他一般