人気ブログランキング |
生涯現役
漢方の経験を重ねて、人々のお役に立つことを、いつまでも続けられることは、とても素晴らしい。
by kinnpoudou
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
漢方の金方堂 リンク
カテゴリ
全体
漢方
健康
養生訓に学ぶ
その他一般
オススメします
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
多剤耐性緑膿菌

数日前のTV・ニュ-スステーションの中で、抗生物質が効かない細菌が
生まれていると報道していました。これは困ったことなのですが、普通に生活
している私たちに、直ちに問題が起きるわけではなく、病院の院内感染で起
っている話です。病気で入院して治療を受けているあいだに、体力が低下し
さらに免疫力も低下するので、細菌としては弱いはずの緑膿菌に感染して、
肺炎などになり、やられてしまうのです。
その緑膿菌は多種の抗生物質から逃れることができる能力を身につけたので
強力な抗生物質を色々使っても、退治するのはなかなか難しいようです。

問題なのは抗生物質を使いすぎていることのようです。ちょっとしたかぜや
けがでも、すぐに抗生物質です。
 そもそもかぜはウイルスによるものがほとんどのはずなのに、不思議です。

  中医学(漢方)では、抗生物質などは昔からありませんから、清熱解毒薬等
(たとえば板藍根、大青葉、金銀花、)を解熱、解毒、抗菌、抗ウイルス目的で
使ってきました。このような薬草を使う場合は、耐性菌をつくらないので、その
点は安心です。効果もばっちりあります。
 風邪を引いたら、いつも抗生物質を使うのは、決してよくありません。
 まず漢方薬をのみましょう。症状にあわせると、本当に良く効きます。
e0017093_12284828.jpg
 漢方の金方堂のHPはこちら
by kinnpoudou | 2006-11-23 21:17 | 漢方
糖尿病と瘀血
    糖尿病の治療はまず瘀血の改善から
  糖尿病の原因は、毛細血管の血流が滞ることであると最近の中医学(漢方)
で言われている。糖尿病は進行すると、合併症(腎透析、失明、下肢の切断など)
を起こすことともなり悲惨である。
 血液は、心臓から押し出されて動脈を流れ、静脈から帰ってくると単純に考える
のですが、大切なことは動脈から静脈に流れが変わるところの微小血管の働きを、
忘れてはならないことです。
 細小動脈から体細胞の代謝や調節に必要な物質を渡し、細胞が要らなくなった
物質などを細小静脈で持ち帰ります。(これを微小循環といいます。)
 微小循環は身体のすべての組織に存在して、体細胞が生き続け,機能をはたして
いけるようにしています。
 この微小循環がしっかり働くように改善する漢方薬が「冠元顆粒」です。
 血糖値が高いと言われているが、ついそのままにしている方や、病院の治療を受け
ているが、いまいち数値が改善しないのが気になる方など、ぜひご相談ください。
e0017093_1861830.jpg
漢方の金方堂のHPはこちら
by kinnpoudou | 2006-11-19 18:08 | 漢方
癌と漢方(中医学)  ⑧
 「手術前」
  思いがけず癌が見つかり手術することになったとき、手術のそのときまで何も
しないで、ただじっと待っているのはなんとも時間がもったいないことです。
手術が実際に行われる前は、検査など色々と準備が必要ですから、多少日程に
余裕があるものです。
その貴重な時間を使って、体力と気力を整え、しっかり準備をして手術にのぞみ
たいものです。
 *手術に耐える体力をつけるために・・・・帰脾湯,参茸補血丸、西洋人参・・
   などを用います。
 *緊張や恐怖感をやわらげるために・・・逍遥散、天王補心丹・・・など
 *癌進行の抑制を目的に・・・白花蛇舌草、チャガ、霊芝胞子・・などを用いる

    「手術直後」
  出血などにより身体へのダメージがとても大きいので、免疫力は大幅に低下
しています。体力気力、免疫力を早急に回復させることが必要です。
 *体力回復のために・・・麦味参顆粒、香砂六君子湯、開気丸、田七人参など
を用います。

    「回復期」
  手術が終わり、治りましたと言われて退院しますが、本当に癌が治ったので
しょうか? 検査値をしっかりと見て、良く判断しなければなりません。(したがって
病院の検査結果はコピーしていただき、もらってきましょう)。
 そもそも免疫が低いから癌を発症したのであり、手術で気力と体力を消耗したら
必ず免疫力が低下しているのは間違いないことです。
 *免疫力を上げて、癌の転移や再発を防ぐ・・・・香砂六君子湯、婦宝当帰膠
逍遥丸、田七人参、冠元顆粒・・・などや、効果のたしかな保健食品などをつかい
免疫力を上げて、残っている癌細胞と戦う力をつけることが目標です。
e0017093_18114216.jpg
漢方の金方堂のHPはこちら
by kinnpoudou | 2006-11-15 18:15 | 漢方
癌と漢方(中医学)  ⑦
がんは早期に発見して早期に治療を開始すれば、ほとんどが治るか又は
共存できる病気であると言われています。
しかし現実には早期には発見する事ができずに、手遅れで残念な結果となる
ことを多々お見かけします。
 近年、医学はめざましい進歩をとげました。たとえば血液検査だけをみても、
腫瘍マーカーなどを利用して、確率よく発見することができます。
ところが困ったことに健康保険は大赤字ですから、政府は赤字を減らそうと、
無駄な検査や投薬をきびしく見守っています。

 だから、具体的な症候もないのに、高額なマーカーを使う検査などは出来な
いわけですし、他の検査もおなじです。したがって心配な人は、仕方なく自分で
お金を払って検査をうけておられます。
 免疫リンパ球療法で有名な原宿クリニックでは、癌の遺伝子検査(p53自己
抗体濃度の測定による)や腫瘍マーカーなどを使った詳しい検査(全身プロフィ
-ル5万円位保険外)などを希望すれば受けられます。

 当店でご紹介している遠隔検診は、安くて簡単にできる検査です。
自分で採取したほんの少しの検体(血液、尿、便)を郵便で送るだけの簡単な
ものです。検査結果は一週間ぐらいあとに郵送されてきます。自宅に居ながら
検査ができるからとても楽です。
  ご希望の方にパンフレット差し上げます。
e0017093_20513685.jpg
 漢方の金方堂のHPはこちら
by kinnpoudou | 2006-11-09 20:54 | 健康
山下公園にて
買い物などの用事の途中で山下公園に立ち寄りました。
久しぶりで、本当に何年ぶりになるかなあ。目立ったのは路上駐車
している車が一台も見当たらなくて、スムーズに車が流れていること
でした。私もしかたなく駐車場に車を入れてからゆっくりと散歩する
ことにしました。
さすがに海からの風はつめたくて、秋の終わりを感じさせるものでし
たが、団体で訪れていたたくさんの高校生たちの若いエネルギー
は、とても明るくて良い気をもらえたようにおもいました。
 かもめがたくさんいて,海上に浮いていたり空に飛び出したり、目
を楽しませてくれました。
e0017093_199445.jpg
漢方の金方堂のHPはこちら
by kinnpoudou | 2006-11-02 19:12 | その他一般