人気ブログランキング |
生涯現役
漢方の経験を重ねて、人々のお役に立つことを、いつまでも続けられることは、とても素晴らしい。
by kinnpoudou
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
漢方の金方堂 リンク
カテゴリ
全体
漢方
健康
養生訓に学ぶ
その他一般
オススメします
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
はしか・・・・早慶戦?
 はしかの流行が連日TVや新聞上をにぎわせています。
先日はハンカチ王子の早稲田大学が閉校になって話題になったかと思うまもなく、慶応大学も閉校になり、伝統の早慶戦までも中止にならないか心配されています。主に首都圏を中心にアチコチノ大学高校が次々に閉校となっている。
国立感染症研究所からも、場合によっては大流行の兆しも出てきた、との注意がよびかけられています。
 今日(5/27)のネット上では、免疫検査の希望者が急増して検査所の試薬が足りなくなり、検査を中断せざるを得ないところも出てきたのと、ワクチンも接種希望者が増えてきているので、在庫が足りなくなることもありそうといっています。
 はしか(麻疹)はウイルスに感染後10日前後の潜伏期間を経て発症します。39度前後の高熱やはげしい咳、鼻水などの風邪のような症状が3日前後続いた後、全身に赤い発疹が広がります。死亡率は0.1%以下と低いのですが、患者の40%ぐらいが入院治療を必要とするようです。
 空気感染するため、予防には人込みに出るときはマスクをして「衛益顆粒」など漢方薬をのみます。帰ったら必ず「板藍根」でうがいをしましょう。体力が低下していたりお疲れ気味の方は、感染しないように「未病を治す」で予防しましょう。
 風邪のような症状から3~4日後に赤い発疹が耳の後ろや首のまわりに出て、やがて全身に広がり、最後に手の裏足の裏に出てきます。他の合併症がなければ、3日後位で発疹が黒ずんできて熱も下がり、やがて回復します(軽症の場合)。
 風邪の症状になり、38度位の発熱があり、汗をかいて解熱しても、またすぐ発熱するときは「はしかなど温熱病」の可能性があるので、そのまま解熱剤を使い続けてはいけません。
中医学では「辛涼解表」剤の「銀翹散」や「天津感冒片」を中心にして、あまり発汗させずに熱をさげます。
 もし、高熱、激しい咳、喘息、あるいは他の症状も出ているなどのときは、重症なので病院で治療する必要があります。
まずは生活を正し、自ら「未病を治す」ことに致しましょう。
e0017093_17373916.jpg
漢方の金方堂のHPはこちら
by kinnpoudou | 2007-05-28 17:42 | 漢方
未病を治す  ②
 「黄帝内経」(紀元前の古典医書)に、四季の気候変化に従い,生気を
調節することによって、養生と病気予防の効果を達成することが書かれて
います。
 中医学では、まず病気にかかる前に防ぎ、すでに病気にかかってしまって
いる時は悪化することを防ぐ、これが紀元前からの一貫した考え方です。
 最近では「未病先防」という言い方で悪化する前に病気を防ぐように提案
しています。だがしかし、多くの疾病の中に、早期の臨床的症状がありません。
例えば早期の糖尿病では、血糖値が高いことぐらいしか表れません。
この状態を非健康状態と言い、糖尿病にまで悪化させないように「未病先防」
することが必要になります。
 ガンの場合も、症状が現れたときは往々にして末期である可能性があるため、
早期発見、早期治療が大切といわれているのはそのためです。
 ただし、早期発見、早期治療が現在の予防医学の基本になってはいるものの、
日本の健康保険制度では、病気になってからしか保険が使えません。予防や
健康増進に対しては対応しきれてはおらず、未病に対してはその方法が少ない
ようです。
 タバコや過度の飲酒、食べすぎ、運動不足、生活リズムの乱れを正し、新鮮な
野菜と果物を食べ、自ら養生に注意を払い「免疫力を高めて」病気を未然に防ぐ
ことが重要です。
e0017093_1827157.jpg
漢方の金方堂のHPはこちら
by kinnpoudou | 2007-05-22 17:18 | 漢方
家庭菜園
 妻が熱心に世話をしている我が家の菜園です。
二ヶ月ほど前からはサヤエンドウをほとんど毎日のように収穫して
食べています。
新鮮な野菜は歯ざわりも良く料理の内容を問わず美味い。
無農薬、有機肥料のみで育てているが、虫がついたりしたらどうするか
まだ先のことはわからない。
 枝豆の種を蒔いたら鳩が来て食べてしまったので、妻は怒って
案山子を作り立てました。それでもこの案山子は強そうに見えないのか
効果がないようです。
e0017093_13315733.jpg
e0017093_1332364.jpg
漢方の金方堂のHPはこちら
by kinnpoudou | 2007-05-11 13:37 | その他一般