人気ブログランキング |
生涯現役
漢方の経験を重ねて、人々のお役に立つことを、いつまでも続けられることは、とても素晴らしい。
by kinnpoudou
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
漢方の金方堂 リンク
カテゴリ
全体
漢方
健康
養生訓に学ぶ
その他一般
オススメします
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
カルシウムパラドックス
NHK 6月13日(水)放送 ためしてガッテン!で、カルシウムのことが放送されていました。
途中からしか見れなかったのですが、とても良い内容の放送でしたので、私の資料とも合わ
せ簡単にまとめてみました。
 骨のカルシウムが不足しているのに、血管にカルシウムが付着して「血管の石灰化」と呼ば
れたり、「血管に骨が出来た」などと言われることを、「カルシウムパラドックス」といいます。
 カルシウムは胃酸によって消化されますが、胃酸の分泌は加齢とともに少なくなるので、
中年以降はカルシウムを食べても消化吸収率が低くなり(60歳で10%)カルシウムが不足
します。
 カルシウムは骨にだけ必要なのではなく、全身の組織細胞が必要としています。
 食べたカルシウムは消化吸収されて血液にはいり、血液と一緒に体内をめぐり、脳や神経
の働きを助け、心臓の規則正しい拍動を保ち、免疫の仕組みにかかわるなど数々の仕事を
しています。
 若し血液中にカルシウムが不足すると、脳や心臓に影響して、場合によっては命の危険に
さらされることにもなるので、血中のカルシウムはいつも一定の濃度を保つようになっていま
す。血中にカルシウムが不足するときは、骨から溶かしだして調節するのです。
 この状態が長くつづくと、骨に貯金されていたカルシウムがどんどん溶け出していき、骨が
スカスカになり「骨粗しょう症」になります。
骨から溶け出したカルシウムは、困ったことに血管壁が大好きで血管壁にピッタリと付着します。それが血管の石灰化なのです。
 カルシウム不足はこのように動脈硬化の原因になったり、糖尿病、認痴症、高血圧などの
生活習慣病などとも深く関係します。
 したがって高齢化するほど効果的にカルシウムを補給する必要があり、そのため吸収率の
良いカルシウムと効果的に飲む工夫が必要です。当店では吸収の良いカルシウムと効果的
な飲み方をご指導しています。
e0017093_1224468.jpg
漢方の金方堂のHPはこちら
by kinnpoudou | 2007-06-15 12:32 | 健康
酵素が足りない
 健康であるためには、栄養のバランスのとれた食事を食べ、適度に運動(労働)を行い、充分に休息(睡眠)をとることであるとずい分昔から言われていることです。
 たしかに、糖尿病、がん、アトピー、メタボの人などいろいろな難病に困っておられる方々の基本的な問題点として、上記の食事運動休息のバランスが本当にとれていません。
そして、かく言う私自身にしても、バランスの良い食事をとる事などはもちろん、運動と休息が足りず、その上ストレスが山盛りに乗っかっているから、なかなか理想どうりにはいきません。
 私たちの身体を形作っている60兆個もの細胞は、皮膚から骨にいたるまで、新陳代謝によって古いものから新しい細胞に一定期間ごとに入れ替わっていますが、その材料はすべて口から入る食べ物が材料なのです。
 植物は土中に根を張り葉っぱを広げ太陽の光を浴びて大自然から直接栄養を吸収しますが、人間はいくら太陽に向かって手を広げても炭酸同化作用はできません。
 口から入れた食べ物は、胃腸で消化し身体に必要な成分に変化して吸収し利用します。だから必要な栄養分を吸収出来るかできないかは健康を守る上で特別な意味を持つのです。
 胃腸で消化するとき絶対に必要なものに消化酵素があります。酵素は「潜在酵素」(身体の中に持っている)と「食物酵素」(食べ物から取り入れる)に分けられます。そして「潜在酵素」は、「消化酵素」と「代謝酵素」(あらゆる生命活動に使われる)の二つに分けられます。「潜在酵素」は老化することで減少するので、食事からしっかり補給しなければいけません。
 新鮮な旬の生野菜と果物、新鮮なお魚を生で食べるのです。
すべて生で食べるのはむずかしいことなので、半分ぐらいを生で食べられたら良いですね。
e0017093_19222471.jpg
  
漢方の金方堂のHPはこちら
by kinnpoudou | 2007-06-10 19:26 | 健康