人気ブログランキング |
生涯現役
漢方の経験を重ねて、人々のお役に立つことを、いつまでも続けられることは、とても素晴らしい。
by kinnpoudou
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
漢方の金方堂 リンク
カテゴリ
全体
漢方
健康
養生訓に学ぶ
その他一般
オススメします
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧
後期高齢者とは
 先日あるラジオ番組で後期高齢者医療の話をしておられた永六輔さんが、「加齢は病気ではない」と云っているのを聞いて、本当にその通りだとおもいました。
例えば家を新築して住みはじめたが、10年20年と経つうちにあちらこちらと痛みが出てきて修理しないといけなくなり、耐用年数の60年を迎える頃にはついにボロボロになって、建替えなければならなくなります。

 然しながら人間の場合は、60年で建て変えるとか、車のように新車に買い換えることなどは出来ません。
 人間が年をとることと、車や物が古くなって壊れ、価値が無くなることとは同じではありません。年をとり高齢になるにしたがい病気の人が増えるのは仕方のないことです。加齢は病気の条件ではあるが、加齢そのものが病気などではありません。

 この世に生まれて成長し、大人になって仕事や家庭を得て子供を生み育て、次第に衰え老化してこの世から去って行くのが人の一生です。それにしても、この世に輝いていられる時間のなんと短いことでしょうか。
75年使って古くなったからそっちに行ってねなどと姥捨て山に捨てるみたいなことはしてほしくないものです。

 たしかに、年を重ねるごとに免疫力が低下し、血液も汚れて動脈硬化や糖尿病となり、心臓病・脳卒中・癌などにかかりやすくなります。しかし、70歳80歳と高齢になってもお元気で、たいした病気もせずに現役で仕事をこなし或はボランティアで社会に奉仕をされている方々もたくさんいらっしゃいます。
 できることならば、漢方の「未病を治す」智恵を利用させて頂き、生涯現役で過ごしたいと思います。
e0017093_18572945.jpg
漢方の金方堂のHPはこちら
by kinnpoudou | 2008-04-21 18:53 | 健康
メタボリックシンドローム
 私の腹囲は現在86cmなので、メタボ検診の対象者である。仕事が忙しくなりストレスがたかくなると血圧も上がるし、中性脂肪もやや高めであるから、検診などしていただかなくても「メタボリックシンドローム」であります。しかし体調は悪くなく、一年に一回ぐらい風邪をひくぐらいで、持病の通風の痛みもこのところ治まっている。毎日人参ジュースをコップ2杯と野菜中心の食事を用意してくれる妻に感謝である。

問題は運動不足と加齢なのだ。
何事も三日坊主のために成功することが少ないのですが、特に運動に関しては継続することの難しさを体験している。歩くだけで良いのだから続けられると思うのだが、それがなかなか続けられないのです。だから店の前をいつもずうっと続けて歩いていらっしゃる方を見ると、本当に尊敬してしまいます。継続は力なり、私も運動を続けて84㎝にした方がよいのかなと思っています。
 加齢は誰もが時間の経過と共に年齢を重ねるのだからどうにも仕方のないことと思いがちではあるが、色々と努力していつまでも若々しく年を重ねたいものです。

 メタボリックシンドローム治療の目的は、生活習慣病の患者を減らして医療費の削減につなげようという事のようですが、医学会には腹囲85cmに対して、色々な批判が少なくないことも事実のようです。
例えば「どうして世界一の長寿国で働き盛りの男性をあえて病人扱いするのか。ウエスト85センチは適度な脂肪もあり、病気に耐えられる体力を備えている。基準には根拠がない」と言ったようにです。
 本来、やせていたり太っていたりするのは個性でありその人の自由ではなかったのでしょうか。
国家が基準を作ってアアシロ、コウシロというのもどうかと思います。金儲けを目的にした製薬会社がコマーシャルすることとは意味がちがうと思うのですが。

  駐車場に咲いているかわいい花
   イヌノフグリというそうです
e0017093_18948100.jpg
漢方の金方堂のHPはこちら
by kinnpoudou | 2008-04-10 18:03