人気ブログランキング |
生涯現役
漢方の経験を重ねて、人々のお役に立つことを、いつまでも続けられることは、とても素晴らしい。
by kinnpoudou
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
漢方の金方堂 リンク
カテゴリ
全体
漢方
健康
養生訓に学ぶ
その他一般
オススメします
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
「がん検診」のリスクが心配?
 週刊新潮7/31号に、「検診」を受けるほど「がんのリスク」は高くなる!という記事が出ていました。
岡田正彦・新潟大学医学部教授の著書「がん検診の大罪」を紹介したもので、ガン対策として早期発見・早期治療をすすめるために行われている「がん検診」は、受けるほどガンのリスクが高くなるのだそうです。
 ガンになりたくなくて、まじめに検査を受けてきた人はどうなるのか?心配ですよね。日本では国や有名な専門医の先生が、がん検診を勧めその有効性を公表していますから、私たちはまじめに「がん検診を受ければガンが治りやすい」と思っていたのですから。

 「がん検診」の中で最もリスクの高いのが、レントゲン撮影による放射線(X線)がフリーラジカル(活性酸素)を大量に発生させることにより異常な細胞を生み、その結果ガン細胞が生まれ増殖して立派なガンになることです。 そして、がん検診によりがんが早期発見されても総死亡率が減少していないので、検診が有効とは言い切れない。
 さらに、検診で発見されたガンは、そのほとんどが手術を受けることになる。「手術をすれば治る」のは当然だと思われているが、「これまで手術の有効性を調べた調査はありません」、と手術にもその有効性に疑問を投げかけている。

 Ⅹ線の大量照射の害や手術・放射線・抗がん剤の三大療法への有効性についての疑問は、かねてから一部で云々されていましたので、やっぱりと言う感じです。

 当店では三大療法以外の漢方や免疫療法などで、お役に立てることがたくさんあります。
 検査もX線を使用せず、血液検査のみで詳しく検査してくれるクリニックもご紹介できます。

かわいい花が咲きましたが名称不明
e0017093_1764914.jpg
漢方の金方堂のHPはこちら
by kinnpoudou | 2008-07-26 16:14 | 健康
「ピック病」
 ほとんどの方はご存知のない病名であろうと思いますが私も初めて知りました。
「若年性の認知症」ということで、50・60歳ぐらいのまだ老人とは云えない人の認知症を指すが、今のところ原因・治療法ともに不明で、対症療法のような治療しか出来ていないようです。
 50歳ぐらいの若さで認知症が始まったとしても、本人はもちろん周囲の方も気がつかずに過ぎていき、何か大きな失敗をしてからようやく疑いを持ち病院で検査をして初めて発見されるのだそうです。
 軽症のうちに発見すれば、生活習慣の改善やストレスの軽減、対症療法などにより悪化するのを少しでも防ぐことが出来るので、時々は検査を受けるようにとのことでした。
 
 認知症は自分の日常生活に支障を来たすだけでなく、家族にも大変重い負担をかけることになるので、出来る事ならばなりたくないと心から願っています。

 ところで、福岡大学副学長の藤原道弘・薬学部教授は、認知症の予防や抑制効果が期待できる漢方薬について、研究された結果を発表されています。それによるとアルツハイマー型にしろ脳血管型にしろ双方に共通するのは血流の問題で、漢方に言う「瘀血」の状態になっていることです。血液ドロドロの「瘀血」が認知症を引き起こす神経細胞の自己死(アポトーシス)を促進しているのではないかと考え、ラットによる研究で「冠元顆粒」が認知症の予防と改善効果に優れている事を明らかにしました。「冠元顆粒」がなぜ効くのかについての資料は、店頭で差し上げております。ご質問も喜んでお受けいたしますので、どうぞご来店ください。
資料の郵送をご希望の場合は、FAX.045・381・3323へご送信なさってください。

漢方の金方堂のHPはこちら
by kinnpoudou | 2008-07-11 15:27 | 健康