人気ブログランキング |
生涯現役
漢方の経験を重ねて、人々のお役に立つことを、いつまでも続けられることは、とても素晴らしい。
by kinnpoudou
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
漢方の金方堂 リンク
カテゴリ
全体
漢方
健康
養生訓に学ぶ
その他一般
オススメします
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
漢方でストレスコントロール  ②
 ストレスが気の流れを悪くすると、内臓や組織に色々な良くない結果をもたらします。

  「七情」が臓腑や気に与える影響  
〔怒り〕 肝臓  気の上昇(興奮・目が赤い・頭痛)
〔喜び〕 心臓  気が緩む(気の集中できない)
〔思慮過度〕脾臓 気を結ぶ(やる気出ない・食欲不振)
〔憂鬱と悲しみ〕肺臓 気が消える(意気消沈など)
〔恐れ〕 腎臓  気が下りる(二便失禁など)
〔驚き〕 腎臓 気が乱れる(どうして良いか解らない)
  以上の通りですが、中でも「肝・心・脾」に対する影響が大きい。

ⅰ、肝の気滞と肝陽上亢
  中医学の教科書には、「肝は疏泄をつかさどる」と言っています。気の流れは主に
  肝臓によってコントロールされると言う意味です。
  ストレスが肝の気の流れを悪くすると、「気滞」と言う状態になります(肝気鬱結=
  肝鬱とも云う)。
  肝がストレスを受け、精神情緒がのびやかさを欠く状態になり、イライラする・胸や
  わき腹が張る詰まる・ガスやゲップが多い・ため息が出る・頭が張るように痛むなど
  の症状が出る。
 
   肝の気滞でさらに心臓・胃腸・肺などの機能をコントロール出来なくなると、動悸・
  息切れ・過呼吸・食欲不振・下痢・手のふるえなどの症状が出てくる。
   治療は「理気薬」・「疏肝薬」を用い、気滞を改善する。

   肝欝気滞がもっと強くなると、火山のようにいっきに爆発して、血圧上昇・のぼせ・
  頭痛・目の充血・顔が赤いなどの症状がでます。
  この状態を「肝陽上亢」と言います。
   治療には、理気・疏肝薬に「潜陽薬」を加え、上昇した熱い気を鎮めます。

  漢方の金方堂のHPはこちら
by kinnpoudou | 2008-08-30 17:50 | 漢方
漢方でストレスコントロール  ①
 北京オリンピックの熱狂もたくさんの話題を残して、秋の訪れとともに幕を閉じました。期待していた野球が銅メダルも取れずに負けてしまったり、柔道や女子マラソンなどの金メダル当然と思われていた種目も外れて少々ガッカリといったところです。

 しかし、期待されて送り出された選手や関係者にとっては、どんなにか大変でつらい心境でしょうか。これぞストレスの極み、「病は気から」の観点から見たら体調を崩し病気になってもおかしくないと思います。
オリンピックに限らず、ずうっと昔から私たちの周りにはストレスが充満しています。
文明が発達し社会が複雑に発展した現代になると、さらにストレスは増大し、まさに世界中が欲とストレスの渦の中でのたうちまわっているように見えます。

 最近はメタボリックシンドロームが話題になっていますが、糖尿病・高血圧・高脂血証などの生活習慣病やアトピー性皮膚炎・ガンなどもストレスと密接に関係があると言われています。
 そんなにストレスが体に悪いのならば、ストレスの無い所で暮らせばいいのではないかと思うのですが、それもなかなか困難のようです。
 自分流のストレス発散方法を見つけたり、漢方薬なども使って、ストレスと上手に付き合うことが大切ではないでしょうか。

 漢方では「怒・喜・思・憂・悲・恐・驚」の情緒変化を「七情」と呼んでいます。これらの精神的刺激が強すぎたり、継続しすぎると気の正常な流れに影響し、病気になったり、病気が治りにくくなります。
 また、内臓が弱いのもストレスの影響を多大に受けるので体質の強化が必要です。
                                              次回につづく・・・
e0017093_1952315.jpg
漢方の金方堂のHPはこちら
by kinnpoudou | 2008-08-26 19:18 | 漢方
「口が苦い」
 ゴーヤを食べたり、粉薬を飲んだらすごく口が苦かったということではなく、
症状として口中に苦味を感じることです。

 これには二つの証型があります。

1、風邪をひいて数日間治れないでいるとき、肝胆に熱が伝わり、胆の熱が
  上に昇ると口が苦くなります。
   口が苦いと同時に、熱が上がったり下がったり・食欲不振・悪心・胸脇部が
   張って苦しいなどの症状も見られます。

  治療には、小柴胡湯加減が用いられます。

2、肝胆に熱がこもっている時の口苦
  情緒の抑うつや情志の過極によって、肝胆に熱が生じ、胆熱が上に昇って
  口が苦くなる。
  特徴は、目の充血・いらいら・怒りっぽい・頭痛・顔面紅潮・舌紅などの肝火
  の症状も見られる。

  治療には、竜胆瀉肝湯または黄連温胆湯を使う。

 漢方の金方堂のHPはこちら
by kinnpoudou | 2008-08-14 17:05 | 漢方
自覚症状のない心臓病に気をつけろ
 虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)の人が増えている。
虚血性心疾患とは、心臓を養う血管(冠状動脈)が動脈硬化によって細くなり、心筋に届く血液や酸素が不足するために起こる心臓病です。40歳以上で知識労働者の男性に多く女性の二倍となっています。
 この病気は、人によっては動悸や胸の痛みといった自覚症状がなく、心電図検査ではじめて見つかることがあります。これが無症候性虚血性心疾患で、自覚症状がなくても狭心症や心筋梗塞を引き起こして、突然死の57%を占めているのだから他人ごとではない。

 虚血性心疾患の原因については、まだ完全には解明されていませんが、遺伝、環境、生活習慣の三つと関連しているとされる。
 遺伝的要因・・・・遺伝率65%と高い確率
 環境的要因・・・・精神的ストレスの積み重ねが最大の引き金になる。特に責任感が強く
頑張り屋で、競争心が強い人は要注意。
 生活習慣・・・・・食事・運動・休息・タバコ・酒なども深く関係します。野菜と果物を良く食べ
て適当に運動し、熟睡できることが大切。

「死の四重奏」
 肥満、高血圧、糖尿病、高脂血証は、虚血性心疾患に良く見られる四つの危険因子といわれている。
これらがそろったときは、狭心症や心筋梗塞にかかりやすくなり「死の四重奏」と呼ばれます・

 そのほかこの夏の猛暑で特に注意すべきは、「過労+発汗過多」である。
猛暑のなか、たくさん汗をかいて働き過ぎると体を消耗して自分でも気がつかずに倒れてしまうことがあります。汗とともに気のエネルギーも消耗し、心氣が不足するからです。
予防には「生脈散」を使う。
さらに普段から血液サラサラでなく「瘀血」の人は、「生脈散+還元顆粒」が良く、もっと効果を良くしたいときは、「感応丸または牛黄清心丸」を加えるときもある。

漢方の金方堂のHPはこちら
by kinnpoudou | 2008-08-10 19:20 | 漢方