人気ブログランキング |
生涯現役
漢方の経験を重ねて、人々のお役に立つことを、いつまでも続けられることは、とても素晴らしい。
by kinnpoudou
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
漢方の金方堂 リンク
カテゴリ
全体
漢方
健康
養生訓に学ぶ
その他一般
オススメします
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧
長夏(夏から秋への中間点)
 8月中旬から9月上旬までを、中医学では長夏といっている。
春・夏・長夏・秋・冬と四季ではなく五季になる訳です。
この時期は消化器(脾胃)の調子が悪い人は注意が必要です。
猛暑のため、冷たい水・冷たいビール・アイスクリーム・冷たい冷麦・
冷えたサラダや果物など冷たいものをとり過ぎると、脾胃を傷める
こととなります。

 その為、食欲不振や下痢軟便などになって夏バテになってしまいます。
今、チョッとバテ気味と感じておられる方は、秋冬に入る前に元気を取り
戻しておく必要があります。
胃腸に元気を取り戻し、グッスリ眠り、気分良く排泄することが大事です。

 今朝はずい分静かな朝で、少しゆっくり目覚めることができた。
お天気のいい、お日さまキラキラの朝は早い時間から、ミンミンゼミの
大合唱で早起きさせられて、寝不足になっています。

ミンミンゼミの鳴き方はいろいろで、みーんみんみんみーやみーんみん
みんみんみーなど勝手気ままに歌っているんだね。
短い命の時間を、精一杯自己主張しているのだろうな。
季節はそろそろと長夏から秋に変ります。セミもがんばれよー。
e0017093_16142174.jpg

by kinnpoudou | 2011-08-27 16:15 | 漢方
心筋梗塞の前ぶれ
 心臓発作が起きる前には、何か兆候がないのでしょうか?
何かの前ぶれがあることを知っていれば、役に立つと思います。

心筋梗塞の半分以上に、次のようなことが現れるようです。

1、安静時や夜間に、胸の痛みや狭心症発作が長く続き、
  ニトロを服用しても効果が無いか弱い。
2、胃のあたりから前胸部に痛みがあり、脈がとても遅くなったり、
  吐き気や冷や汗が出る。
3、急にひどい脱力感が起こり、段々ひどくなる。少し運動しても
  動悸が激しくなり、胸の圧迫感や息切れと汗がたくさん出る。
4、不整脈が頻発する。                  

これ等の症状が一つでもある人は、出来るだけ早く病院に行き
検査を受けるようにしましょう。

 中医薬による予防や治療は、血液の流れをスムースにして、血栓が
出来るのを防ぐ「活血化瘀」剤を中心に用いて効果を上げています。
e0017093_1455441.jpg

by kinnpoudou | 2011-08-18 14:56 | 漢方
突然死を防ぐ
 プロのサッカー選手が練習中に心筋梗塞で倒れ、そのまま帰らぬ人と
なられたことは、本当に驚きそして残念でした。
まだ34才と若く、人生の半分にも到達しないでこの世を去るのは、本人も
悔しかったに違いありません。

 突然死は全死亡者の約10%で、働き盛りの年代に多発する怖い病気です。
厚労省の調査では、突然死の原因は心筋梗塞が44.4%脳卒中が17.6%、
つまり突然死の62%が循環器系の病気で占めていて、その直接の死因の多
くは、「血栓」によるものとされている。

 従って、突然死の予防は「血栓」が出来るのを防ぐことです。
「血栓」予防には、まず食事が最も大事になります。
青い背の魚100~200g、野菜400g、果物100gを毎日の食事メニューの
基礎におすすめします。

①腹八分目、感謝して美味しく食べる。
②酒はほどほどに。タバコはNG.
③歩く・泳ぐ・気功・ヨガなど適度な運動をする。
④ストレスを避け、毎日が楽しくなるように工夫する。
⑤7~8時間の睡眠はとても大切。夜11時ごろには就寝する。
⑥二便正常。大小便が毎日正しく排泄されること。

以上が突然死を防ぐ大切なポイントです。
しかし、突然死の八割の人が、高血圧、糖尿病、高脂血症、肥満などの
生活習慣病を持っておられたそうです。
これらの疾患をお持ちの方は、まずその治療を行いながら、
上の六つのポイントを実行しましょう。

 漢方(中医学)では、「血栓」は「瘀血」から生じると考えていて、予防・治療共に
活血化瘀法(血液サラサラの血行改善法)が多用され、良い結果をあげている。
e0017093_17113192.jpg

by kinnpoudou | 2011-08-13 17:13 | 漢方
夏の想い出
 夏が来~れば想いだす、尾瀬のことではありません。
私は残念ながら尾瀬には行った事が無いのだから。
でも、ほんとは一度くらい行ってみたいと思っています。

 ずうっと昔、20年以上前の夏8月、親しくしていた同業の
仲間内で行っているゴルフコンペがありました。私も出席する
予定でしたが、その日はどうしても仕事を抜けることが出来ず
止むを得ず欠席しました。

 その夜、仕事が終る頃に電話が入り、参加されたメンバーの
お一人が「心筋梗塞」で亡くなったということでした。
最近少し太り気味だけれど、元気一杯の四十代でした。
昼食後のラウンドの1ホール目で倒れたそうです。

しかし、以前からチョッと気になる事がありました。
お昼に美味しいビールを飲むために、午前中には出来るだけ
水を飲まないようにしている事でした。その当時、それはごく
普通のことで美味しいビールを飲みたい人がいっぱい居ました。

今ではそんなことをする人は居ませんが、昔はいたのです。
その事があって以降、夏の7.8月と冬の1.2月はゴルフに
行かなくなり、現在は老化のため、全く行くことがありません。

 サッカーの松田選手が心筋梗塞で倒れ、お亡くなりになったことを、
今ラジオニュースで聞きました。
原因は分かりませんが、いつも身体を充分に鍛えているプロ選手で
さえもこんな事があるのですから、日頃の健康管理には気を付けたいものです。

 まずは熱中症予防と血液サラサラに気を配りましょう。
e0017093_14291615.jpg

by kinnpoudou | 2011-08-04 14:30 | 健康
夏バテ   ①
 夏は暑いためたくさん汗をかきます。
「汗」は血液の一歩手前の物質「津液」であり、「汗は心の液」ともいわれている。
過度の発汗は血液をドロドロにしたり、心のエネルギーである心氣と、心の潤いである
心陰を消耗させるため、体調不良が続いている時は「心臓」への注意が必要です。

「汗」はただの水ではなく、ミネラルなどの栄養物質を含む「津液」であり、発汗する時
は身体を機能させる「気」も一緒に放散させます。
だから元気がなくなって身体がだるい、疲れる、食欲が無い、眠れないなどの「夏バテ」
になります。

暑いので冷たい飲み物や生ものを食べ過ぎて、胃腸の機能を悪くして、消化不良に
なり、気や血の栄養を作ることが出来なくなってしまいます。
だから冷たい飲食が多いのはよくないのです。
しかし、暑過ぎるのも困ります。

暑過ぎる時は、身体を冷やします。
漢方薬では、牛黄清心丸、清心蓮子飲、清絡飲、新加香薷飲、
六一散、白虎加人参湯などが使われます。        
e0017093_1835933.jpg

by kinnpoudou | 2011-08-02 18:47 | 漢方