人気ブログランキング |
生涯現役
漢方の経験を重ねて、人々のお役に立つことを、いつまでも続けられることは、とても素晴らしい。
by kinnpoudou
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
漢方の金方堂 リンク
カテゴリ
全体
漢方
健康
養生訓に学ぶ
その他一般
オススメします
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧
養生訓に学ぶ 13
 ことの十分を求めるな

すべての事、十分によからんことを求むれば、わが心のわずらひとなりて楽なし。
禍も是よりおこる。又、人の我に十分によからん事を求めて、人のたらざるを
いかりとがむれば、心のわづらひとなる。
又、日用の飲食・衣服・器物・家居・草木の品々も、皆美をこのむべからず。
いささかよければ事たりぬ。
十分によからん事を好むべからず。是皆わが気を養なふ工夫なり。

 満ち足ることは憂いの始まり

万の事十分に満ちて,其の上にくはへがたきは、うれひの本なり。
古人の曰く、酒は微酔にのみ、花は半開に見る。此言むべなるかな。
酒十分にのめばやぶらる。少のんで不足なるは、楽みて後のうれひなし。
花十分に開けば、盛り過ぎて精神なく、やがてちりやすし。
花のいまだひらかざるが盛りなり、と古人いへり。

 中を守れ

養生の道は、中を守るべし。中を守るとは過不及なきを云う。
食物は飢えを助くるまでにてやむべし。過てほしいままなるべからず。
是中を守るなり。物ごとにかくの如くなるべし。


  以上の文章を読んでいて、11月に「幸せの国」ブータンから若い国王夫妻
がお出でになり、さわやかな笑顔と、国是の「国民総幸福」の事や、国民の97%
が「幸せ」と答えていることなどを思い出しました。

ヒマラヤ山脈の中腹にある小さな国で、中国とインドにはさまれていることから、
独立と伝統を守る事に一生懸命取り組まれている様子が報道されている。
けっして豊かではないが、昔の日本の田舎のような所で仏教を信じつましく
のどかな暮らしが伝わって来ます。

それにしても現在は、科学と文明が発達した豊かな経済の国々でも、貧富の
格差が付き過ぎたなど色いろなアンバランスが目立って来ました。
アメリカや中国、ヨーロッパそれに日本はこれからどうするのか?
幸せの国ブータンはいいね!
e0017093_17461464.jpg

by kinnpoudou | 2011-12-16 17:49 | 養生訓に学ぶ
養生訓に学ぶ 12
  若い時から勉めて元気を養え

若き時より、老いにいたるまで、元気を惜しむべし。
年わかく康健なる時よりはやく養うべし。
つよきを頼みて、元気を用い過すべからず。
わかき時元気をおしまずして、老いて衰え、身よはくなりて、
初めて保養するは、たとえば財多く富める時、おごりて財を
ついやし、貧窮になりて財ともしき故、初めて倹約を行うが如し。
行わざるにまされども、おそくして其しるしすくなし。

  
  放奔な欲望生活は自殺行為である

世の人を多くみるに、生れ付きて短命なる形相ある人はまれなり。
長寿を生れ付たる人も、養生の術をしらで行はざれば、生れ付き
たる天年をたもたず。
たとえば彭祖といえど、刀にて喉笛ををたたば、などか死なざる
べきや。今の人の欲をほしいままにして生をそこなふは、たとえば、
みずからのどぶえをたつが如し。
のどぶえをたちて死ぬると、養生せず、欲をほしいままにして死ぬ
ると、おそきと早きとのかはりはあれど、自害する事は同じ。
気つよく長命なるべき人も、気を養なはざれば、必ず命みじかくして、
天年をたもたず。是自害する也。

 以上二つの教えは、話としてはたしかにもっともなことではありま
すが、若い時から節制するというのは中々実行出来ない事でしょう。
若くて元気があるから無茶無理をすることが出来るのですから。
しかし年をとって老化した時、初めて元気を失ったことに気が付きます。

元気は自分の臓器で作ります。
主に脾(消化器)・肺・腎の三つの臓が深く係わります。
食べ過ぎや飲み過ぎで胃腸を痛めたり、タバコで肺を傷めたり、
セックスし過ぎや過労で腎を弱らせ傷めると、気を作る能力が
低下して元気が無くなり、病気にもなりやすくなります。
e0017093_18242856.jpg

by kinnpoudou | 2011-12-06 18:26 | 養生訓に学ぶ