人気ブログランキング |
生涯現役
漢方の経験を重ねて、人々のお役に立つことを、いつまでも続けられることは、とても素晴らしい。
by kinnpoudou
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
漢方の金方堂 リンク
カテゴリ
全体
漢方
健康
養生訓に学ぶ
その他一般
オススメします
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧
さくら
 今日は日本晴れ!
風がとても冷たいけれど、日差しは暖かくて本当に春だ!
朝から近くの「幸ヶ谷公園」に花見の人がいっぱい通って行きます。
こんなにたくさん行ってどうやってお花見するのか、花より人の方が
多いんじゃないの?

そんなことは余計なお世話だね。
赤ちゃん連れ、元気な子供連れ、お祖母ちゃんの腕をかかえて
ゆっくり歩いていくお父さん。たくさんの仲間と連れ立って行く人達。

昨日の夕方は、酔っ払い過ぎた人の両腕を抱えた人たちも何組か
いたけれど、あんまり飲みすぎないで楽しんでほしいものだ。
それにしてもこのところ明るい話題が無くて、世の中暗くなっているから
せめて花見ぐらいパッといきたいよね!。
e0017093_157511.jpg
e0017093_1594883.jpg

by kinnpoudou | 2012-04-08 15:11 | その他一般
養生訓に学ぶ 17
 七情の統制と養生

七情は喜・怒・哀・楽・愛・悪・欲也。
医家にては喜・怒・憂・思・悲・恐・驚という。
又六欲あり。耳・目・口・鼻・身・意の欲なり。

七情の内、怒と欲との二、尤も徳をやぶり、生をそこなふ。
怒りを懲らし、欲をふさぐは易の戒めなり。
怒りは陽に属す。火のもゆるが如し。

人の心を乱し、元気をそこなふは怒りなり。おさえて忍ぶべし。
欲は陰に属す。水の深きが如し。
人の心をおぼらし、元気をへらすは欲也。思ひてふさぐべし。

*以上は人の七種の感情が健康に及ぼす影響について書かれていますが、
怒りと欲の二つには特に注意しなさいと云われています。
漢方医学では七情を五臓に分類して配当しているので、以下に表します。

  「肝---怒、 心---喜、 脾---憂・思、 肺---悲、 腎---恐・驚」

*肝は疏泄を主るといわれており、情志の調節も行なっています。
怒りは、肝氣の穏やかな流れを失調させるため、顔面紅潮・頭痛・目赤・
血圧上昇や他臓への波及もある。

*心は血脈と神志(精神と意識活動)を主るといわれています。
喜び過ぎると心火が上がり、興奮状態になって不眠・多夢・言動の異常などがみられる。

*脾は運化・昇清・統血を主るとされている。
憂いや思慮過度などで食欲不振・消化不良となれば、氣血が必要な臓腑器官に
運ばれなくなり、全身的に氣血不足になって色いろな疾患を引き起こします。

*肺は気と呼吸・宣発と粛降を主り、皮毛を主ります。
長期にわたる悲しみは肺気を虚損させて、風邪を引きやすい・咳嗽・喘息・
疲れやすいなどになる。

*腎は精を蔵す・生殖と成長発育・水液代謝・納気を主る。
恐れ驚く事が過多であれば、腎精・腎陽の低下となって、
全身の活動も低下するとされている。
e0017093_1833369.jpg
 
by kinnpoudou | 2012-04-04 18:37 | 養生訓に学ぶ