人気ブログランキング |
生涯現役
漢方の経験を重ねて、人々のお役に立つことを、いつまでも続けられることは、とても素晴らしい。
by kinnpoudou
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
漢方の金方堂 リンク
カテゴリ
全体
漢方
健康
養生訓に学ぶ
その他一般
オススメします
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧
養生訓に学ぶ 25
  陰陽秉衡論  その3

 「又、陽不足を補はんとて、烏附等の毒藥(トリカブトの烏頭・附子のこと)
を用ゆれば、邪火を助けて陽気も亦亡ぶ。是は陽を補ふにはあらず。
丹渓の陽有余陰不足論は何の経に本づけるや、其本拠を見ず。
もし丹渓一人の私言ならば、無稽の言、信じがたし。
易道の陽を貴とび、陰を賤しむの理にそむけり。
もし陰陽の分数を以てその多少をいはば、陰有余陽不足とは云うべし。
陽有余陰不足とは云いがたし。**************************云々。
丹渓は補陰に偏して平平ならず。医の王道とすべからず。
近世は人の元気漸く衰ろふ。
丹渓が法にしたがひ、補陰に専らならば、脾胃をやぶり、元気をそこなはん。
只東垣が脾胃を調理する温補の法、医中の王道なるべし。*******云々。」

*東垣は字で、李杲(1180-1251)金元時代の名医。李東垣ともいう。
脾胃を大切にする治療から補土派といわれている。著書:脾胃論など。
日本の後世派(日本漢方の流派)では、朱丹渓と共に医宗とされている。
朱丹渓は朱震亨(1281-1358)とも云い元時代の名医。
丹渓心法など多数の高名な著書がある。

益軒先生は、朱丹渓の陽有余陰不足論に対して、辛辣に批判し反対してはいるが、
医者としての実績に対しては正しい評価を与えているとされています。

益軒先生が活躍されていた頃から200年ほど後、十九世紀後半頃、
中国四川省成都で、辛熱の強い附子・肉桂・乾姜などを多用して多くの病気を治した
医者がいました。彼は「鄭寿全」と云い、多量の辛熱薬を使用するので「火神派」
と呼ばれるようになります。

中国ではたくさんの流派が全国にあります。火神派は約百年ほど、地方で力を蓄え
ていたのでしょう、十年ほど前から突然中央で研究されるようになりました。
火神派の本が専門書店に山積みされているということです。日本では三年ほど前、
中医臨床2009年12月号に紹介されました。その頃、クラシエ薬品の松永講師より
初めて火神派の講義を受けて、強烈な印象を受けました。

鄭寿全先生は、病の大半は陽虚によると考えて、強力な補陽剤を使い難治の病を
治療しました。毒藥の附子は、日本では従来0.5~3g程しか使われていませんでし
たが、火神派の症例では1日分150g位までの使用例があります。

数千年に及ぶ中国伝統医学は、その時代時代の要求に合わせて、革新が行なわれ
進歩してきました。当然、現代医学(西洋医学)もその時代の色いろな要求に合わせ
て進歩しています。

益軒先生の時代から300年後、陽虚の治療に毒藥の附子を使って、とても良い効果
が出ている事を益軒先生にお伝えする事が出来ないのはとても残念ですね。
e0017093_18114362.jpg

by kinnpoudou | 2012-09-15 18:17 | 漢方
養生訓に学ぶ 24
  陰陽秉衡論 その2

「血は多くへれども死なず。気多くへれば忽ち死す。
吐血・金瘡・産後など、陰血大に失する者は、血を補へば、陽気いよいよ
つきて死す。気を補へば、生命をたもちて血も自ずから生ず。
古人も「血脱して気を補ふは、古聖人の法なり」といへり。

人身は陽常にすくなくして貴とく、陰常に多くしていやし。
故に陽を貴んでさかんにすべし。陰をいやしんで抑ふべし。
陽気を補へば陰血自(おのずから)生ず。もし陰不足を補わんとて、
地黄・知母・黄柏等、苦寒の薬を久しく服すれば、元陽をそこなひ、
胃の気衰えて、血を滋生せずして、陰血も亦消えぬべし。」*とあります。

*陰陽について素問には、人体の陰陽は相い対し、釣り合っているもので
あり、もし陰または陽が偏って勝っている時は、それに応じた病症が出る
ことを説明しています。
素問(黄帝内経素問)という医学書は、春秋戦国時代から前漢時代に至る
五百年ほどをかけて著されたもので、中国伝統医学のバイブルといわれて
います。そこには、陽を貴び陰を賤しむような説は出てきません。

古くから日本の漢方界には、陰陽五行を中心にして理論展開する黄帝内経
素問はあまり好まれず、むしろ臨床にすぐ役立つ内容といわれる傷寒論の
方が好まれて来ました。

私も、40年前に漢方を習い始めた頃は、傷寒論を暗記するまで読みなさい
といわれたものです。それは、読み下すのも難解でしたから、当然暗記な
ど出来ませんでした。初心者にも理解できる教科書のようなものでもあれば
良かったのですが、その頃はまだ見当たらず苦労したものです。
e0017093_1820153.jpg

by kinnpoudou | 2012-09-01 18:22 | 漢方