人気ブログランキング |
生涯現役
漢方の経験を重ねて、人々のお役に立つことを、いつまでも続けられることは、とても素晴らしい。
by kinnpoudou
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
漢方の金方堂 リンク
カテゴリ
全体
漢方
健康
養生訓に学ぶ
その他一般
オススメします
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2014年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧
花粉症対策 2
 漢方で花粉症の治療をするときには標治と本治をどうするか考える
事が大切になります。
 「標治」とは、現在外面に表れている症状を治療することをいいます。 
 「本治」は症状の病因(原因)を突き止め、根本から治療すること。
さらに「標本同治」といって、標治と本治を合わせて治療することもあります。

今、花粉は最も多く飛散している時期ですから先ずは「標治法」で現在の
症状であるくしゃみ・鼻水・鼻づまり・目の痒みなどを改善します。
そしてシーズンが終わりますが、また次のシーズンが来て同じように苦しむ
ことになります。
原因を何とかしなければまるでいつもモグラたたきをしているようなものです。

それなら、体質改善などを含めて根本から治療する「本治法」を取り入れて
毎年の苦しみから逃れたいものですね。
今現在は花粉真っ盛りですから症状改善を中心として体質改善も組み合わ
せていくことが最も良い事と思います。

標治と本治を組み合わせて服用していただいた方たちは、毎年症状が軽くなり、
中には治療の必要がなくなった方もいらっしゃいます。
e0017093_13424354.jpg

by kinnpoudou | 2014-03-21 13:42 | 漢方
花粉症対策
    花粉症対策
 やっと暖かくなって来たら、スギ花粉が春風に乗って大量に飛んで来た。
私は、平均的な量の花粉にはぜんぜん反応しないのですが、午前中、
外を歩いていたときは目が痒くなり涙がボロボロ出てきて困りました。

 花粉症は、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、のどがひりひりする
などが主な症状です。
花粉が粘膜に付着すると免疫が異常反応をした場合のアレルギー反応
が花粉症です。

 花粉症対策のベースは免疫力を正常に働くようにすることです。
中医学では「衛気」が身体の表面(皮膚、鼻やのどの粘膜など)にバリア
として覆い、細菌や花粉などから守っていると考えているので、
この「衛気」を強化することが大切です。
e0017093_18123983.jpg

by kinnpoudou | 2014-03-17 18:14 | 漢方