人気ブログランキング |
生涯現役
漢方の経験を重ねて、人々のお役に立つことを、いつまでも続けられることは、とても素晴らしい。
by kinnpoudou
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
漢方の金方堂 リンク
カテゴリ
全体
漢方
健康
養生訓に学ぶ
その他一般
オススメします
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2014年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
バスの中で
 私は通勤にバスを利用している。
朝は通勤・買い物のほかに、病院やクリニックに行かれる人も多い
ようです。今日はある方がコレステロールの検査を受けるため途中
のバス停で降りていかれました。その方はLDLコレステロール値が
160と高いので、処方されたお薬で下げても、服用を止めると又もと
に戻るのでいやだねと言っていました。そこで私は、最近発表された
基準値では、LDL160  は正常値になりますよ!と言ってあげた
かったのですが、私の知らない人が多かったのでグッと我慢しました。 

「血圧もコレステロールも高いほうが長生きする」。
「コレステロールは、身体にとって必要不可欠な物質で、これがなければ、
私たちは健康な肉体を維持することができない」。
「コレステロールは細胞を作るときの材料で、これが不足すると新しい
細胞を正しく作ることが出来ず、ガンを招きやすいと云われている」。

「女性ホルモンや男性ホルモン、ストレスを受けたときに副腎皮質から
分泌される抗ストレスホルモンなども、コレステロールがなければ作る
ことができないのである」。
それだけ重要な役割を担っている物質だから、「コレステロールは体内でも
作られている。肝臓で作られるコレステロールの量は食品から摂取する量の
数倍になるだろう」。

「レシチン」という物質と一緒になった時、コレステロールは胆汁として出ていく。
この時ビタミンC・Eが必要。
「レシチン」は卵の黄身や大豆などの食品に含まれており、これを十分に
摂取していれば余分なコレステロールは適切に処理される。

以上は、「医学常識はウソだらけ」三石巖著 祥伝社
「医者に殺されない47の心得」 近藤誠著 アスコム 
から引用いたしました。

日本脂質栄養学会理事の浜崎先生は「現在の基準は厳しすぎる。
コレステロールを下げる必要のない人にも治療がおこなわれている」
と批判している。との新聞記事も出ています。
e0017093_15391159.jpg

 
by kinnpoudou | 2014-05-11 15:42 | 健康
骨粗しょう症予防
 先日NHKあさいちで、骨粗しょう症について放送していました。
その時骨粗しょう症になりやすい因子が発表されていました。

   ◎小柄でやせ型
   ◎両親や祖父母が骨粗しょう症
   ◎閉経した
   ◎偏食(牛乳・乳製品が嫌い)
  ◎アルコールの多飲
   ◎タバコを喫う
   ◎日光に当たらない
   ◎過度のダイエット
   
骨粗しょう症のため骨折したりするのはお年寄りで、自分はまだ若いから
大丈夫だと思っておられる方が多いそうですが、上記の因子が複数ある人は
若い時から注意する必要があるそうです。

漢方では「腎は骨をつかさどり、髄を生じ、脳に通じる」
    「腎は精を蔵し、成長、発育、生殖をつかさどる」といっている。
これは腎精(ホルモン)が中心です。
腎精(ホルモン)によって生殖がおこなわれ、母親のお腹の中で卵から胎児
となり発育してこの世に誕生します。そしてこの赤ちゃんは、食べ物から気
・血・精を作り成長します。

卵から胎児となり、発育・成長していく中心が腎精なので先天の精とも云われ
ます。腎に栄養を与えるのは食べ物を消化吸収する消化器(脾胃)なので
、脾胃は後天と云われます。

20歳頃で成長が止まりますのでそれからは骨量の維持を頑張りましょう。
漢方薬は補腎薬を使います。補腎薬は沢山ありますので、体質に合わせて
選びましょう。女性は閉経前5年ごろから、男性は50歳代半ば頃からお使い
になるとよいでしょう。この時使う漢方薬は、未病を治す養生法になります。
もちろん食事と運動も大事な養生です。
e0017093_18484184.jpg

by kinnpoudou | 2014-05-03 18:49 | 漢方
五月病かな?
   五月病かな?
 学校や会社の新入生や職場の移動などで疲れ、原因不明の不調を
感じるのが丁度今頃から多くなるので、五月病と云われるようになりま
したが、病名ではありません。
環境や生活のリズムなどが大きく変化することに対応するのに大変で
、心身共にダウン寸前になっているということでしょうか。

そんなわけだから仕事をはなれてリフレッシュ出来るGWは丁度いい時に
配置されている連休ですね。
大いに羽を伸ばして休養出来るといいですね。

GWが過ぎてもまだ体調不良が続くようであれば、漢方を試してみても
良いかもしれません。
漢方(中医学)では、疲れて気力が出ない、集中力がない、睡眠不足、
イライラする、心配事や不安が多いなど体調によって使用する処方が
異なります。
体調に合う漢方で早くお元気になって下さい。   
e0017093_17581115.jpg
      
by kinnpoudou | 2014-05-02 17:58 | 漢方